ひとりいきいき

昭和52~53年にかけてサンケイ新聞婦人面に掲載された「お茶の間説法」の文章です。末尾には、著者本人による録音音声があります。


夏の朝がゆというのは、なかなかいいものですね。暑さをふっ飛ばす、とまではゆかないけれど、なにか、こう、凛とした気持ちになるものです。先日、寺で早朝法座というのを開いたとき、参拝の方にこれを出したんです。
「久しぶりだなあ、おかゆなんて。昔はよく食べたのんだが…」というお年寄りから、朝はパン食と決めている若い人たちにまで、おかわりが出るほどの好評でした。

香のものは、一夜漬けのナスとウメボシ、それに、春の山で採っておいたウドの塩漬けを少々。キュッと歯ごたえのある色あざやかなナス…。口にふくんだとたんに春の香りがよみがえるウドは、とりわけよろこばれたようでした。で、普通ならよろこばれただけで終わるのですが、坊さんのわたしは、どうも終わらない。ひとことお説教をせずにおれなくなった。

さあ、みなさん、食べる前にちょっと聞いていただきたい。いま、あなた方の目の前にあるウドですがね。これ、漢字で書くとどうなるかご存知ですか。「独活」こう書くんです。”独り活き活き”ということでしょうか。ものの本によりますと、”この草、風吹けども揺れず。風吹かざれども自ら揺れ動いて育つ。よって独揺草とな付く”とある。

ずいぶん生命力の強い草で、風が吹いたって揺れないそうです。そして、風が吹かなくても、ひとり揺れながら、グングン伸びてゆく、そんなところから、独揺草という名がついて、これが、独活という字になったのではないか、というんです。
”ひとりいきいき”—いいですね。すばらしい名だ。わたしはこの春、山でそれをたしかめました。日あたりのよい谷間の急斜面のところに、ググっと頭を出したウドは、まさしく”独活”。わたしも、かくありたいと思った。どんな風が吹いても揺れ動くことのない、そんな人間になりたいなあと思った。

ところが、そのとき、また、フト思ったんです。このウドは、ほんとうに”ひとりいきいき”なのだろうか、と。群生地を少し離れるともう一本も見あたらない。ある場所にしかない。ということは、その場所には、ウドを育てるに充分な土壌と、気象、その他あらゆる条件が重なり合っているんです。つまり、ウドは”ひとりいきいき”ではなくて、大地自然の恵みを一身にうけて、太陽に、土に、水に、その他あらゆるものによって育てられているんです。ということは、ウドのスクスクと育っているそのままが、春の活動している姿であり、大地自然の活動相なんですよね。

いかがでしょう。これはウドだけのことではないですね。わたしたちだって、そうなんだ。自分では”ひとりいきいき”でありたい。また、自分は自分ひとりで生きているんだ、と思いたいのですが、どうでしょう。ほんとうにそうなんでしょうか。

わたしたちは、じつは、ひとりでは生きてゆけないのです。この世に生をうけたのは、父や母のおかげ。今朝の食事が口にできるのも、農家の人や商店の人や、いろんな人のおかげ。そして毎日、息をしていられるのは、大地自然のおかげ。洗たく物が乾くのも、お日さまのおかげじゃないですか。それをわたしたちは、ともすると、自分でかせいだお金で、食べて、住んで、着ているのだから、自分一人で十分に生きてゆけるんだ、と思ってしまう。これは勘ちがいですよ。でなきゃ居直りですよ。

おかげを知らないものは犬畜生―ということばがあります。わたしたちは、生きながら、畜生道に落ち込んでいるのかもしれません。さあ、今朝のごはんは、そまつな朝がゆと、香のものだけだけれど、どうか、みなさん、ひとこといっていただきたい。「おかげさまで、いただきます」と。あららッ、説教が長くておかゆ、さめたかナ?


雪山隆弘
昭和15年生まれ。大阪・高槻市の利井常見寺の次男として生まれ、幼い時から演劇に熱中。昭和38年早稲田大学文学部演劇専修を卒業後、転じてサンケイ新聞の記者、夕刊フジの創刊メンバーに加わりジャーナリスト生活10年。されに転じて、昭和48年に僧侶(浄土真宗本願寺派)の資格を取得し翌年行信教校に学び、続いて伝道院。同年より本願寺布教使として教化活動に専念する。善巧寺では、児童劇団「雪ん子劇団」をはじめ永六輔氏を招いての「野休み落語会」など文化活動を積極的に行う。平成2年門徒会館・鐘楼建設、同年往生。

Play