広島生まれ、京都在住。
97年、アナログ『rei harakami ep』でそのキャリアをスタートさせる。’98年、ファーストアルバム『unrest』、’99年に2ndアルバム『opa*q』をリリース。その独自の清廉さと繊細さが織り成す、例えると水彩画のようなタッチの音楽性が国内外で幅広く支持される。’01年の3rdアルバム『red curb』以降、矢野顕子、UA、ショコラ等の作品のプロデュースや、くるり、ナンバーガール、Great3等の楽曲のリミックスを手がけ、’05年には4thアルバム『lust』を発表、大きな話題となる。

06年には未発表曲を中心に集めたアルバム『わすれもの』リリースの他、日本科学未来館のプラネタリウム「MEGASTAR-II cosmos」のコンテンツ『暗やみの色』の音楽を担当し、同名の限定盤CDもリリース。夏には全国5箇所を廻るツアー「ふっくらなのにしわしわライブツアー」を敢行し大盛況に終わる。この年は「Rock In Japan Festival」、「Rising Sun Rock Festival」など夏フェスにも矢野顕子とのコンビで登場、思いがけないユニットの誕生が大喝采を浴びた。また海外での活動も、’05年のSonar(スペイン)出演をはじめフランス、ドイツでのライブなど多岐に渡る。その圧倒的なオリジナリティたるや、もはや世界で唯一無二と言い切れる音楽を表現する。

07年には「Nike+」のために提供したiTunes Storeのみで販売されるコンパイル・アルバム『River: Nike+ Original Run』のリリース、夏公開の映画『天然コケッコー』の劇中の音楽制作、また、矢野顕子とのユニット「yanokami」の1stアルバムリリースなど、ジャンルを超えて幅広く活動している。