kurayami
暗闇ごはん+音のワークショップ

●日程:
5月17日(土)15:00-(14:30より受付)
石川・恩栄寺(加賀市山中温泉湯の出町タ-12 )
5月18日(日)19:00-(18:30より受付)
富山・善巧寺(黒部市宇奈月町浦山497)
●料金:2,000円
●講師:青江覚峰
●定員:25名
■申込み方法:syoku@zengyou.net まで、「会場、代表者のお名前、電話番号、人数」をお送りください。

「暗闇ごはん」とは、薄暗闇の中、アイマスクをして料理を食し、視覚を奪うことによって、他の感覚を最大限に研ぎ澄まして「いのち」を感じていただく催しです。1999年にスイスでオープンした「ブラインド・クー」が世界で最初の暗闇レストランです。その後、アメリカやオーストラリアなど世界中で出店が相次いぎ、日本では浅草の緑泉寺が「食育」をテーマにいちはやく取り入れました。今回は、通常10品ほどのフルコースと異なり、4~5品の体験版に音のワークショップを取り入れて行われます。

aoe 青江覚峰
1977年東京生まれ。浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職。カリフォルニア州立大学にてMBA取得。料理僧として料理、食育に取り組む。日本初・ お寺発のブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表。超宗派の僧侶達が集うウェブサイト「彼岸寺」創設メンバー。著書に『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ほとけごはん』(中公新書ラクレ)など。
>> facebook page