空華の里


明教院僧鎔
(みょうきょういんそうよう)
1723年、水橋の農家・渡辺家に生まれ、11歳の時に上市の明光寺の霊潭(れいたん)師に見込まれて養子となる。名を与三吉(よそきち)といった。21歳の時に善巧寺へ入寺が決まり、京都では同郷の先輩、僧樸(そうぼく)師の門人となり僧鎔と名乗った。学林(のちの龍谷大学)で行った4度の講義を通じて評価が一段と高まった。

35歳(1758年)、善巧寺に学塾「空華蘆(くうげろ)」を創設し、多くの学僧を育てた。富山の各地に宗学を志す気風を生み出し、寺院の子弟たちは競って研鑽の道へと歩み始めたのである。空華盧について「新川郡学者略伝」には、「今、世にある諸国の末弟およそ3,000人」とある。僧鎔の流れを汲む学派を空華派と呼び、同学派の教えは明治初年まで本願寺の宗学の主流的な役割を果たす。代表的な弟子に、柔遠(にゅうおん)、道隠(どうおん)らがいる。

61歳(1873年)で入寂、明教院(みょうきょういん)と贈り名されている。僧鎔滅後もその徳を慕い、入門を希望する者が後を絶たず、それらの人たちは墓前で入門式を行い「入門帳」に記名されている。墓は最初本堂の後ろにあったが、1841年に門弟の行忠(ぎょうちゅう)らによって現在地に再建された。

現在、善巧寺では、毎年11月に僧鎔の法要「空華忌」をつとめる。3年に1度、僧鎔の流れを汲む宗門校「行信教校(ぎょうしんきょうこう)」より学生方が参拝しその遺徳を偲ぶ。

実のないイチョウの木の話
~うなづき昔話より~
絵本制作:上坂次子

> 空華学轍の思想/桐谷順忍
>> 富山大百科事典(僧鎔)
>> 富山大百科事典(空華盧)
>> 黒部市HPより