ニュース」カテゴリーアーカイブ

花まつりマルシェ2022アルバム

去年は暴風警報発令、一昨年はコロナの影響で中止と厳しい状況が続いていましたが、今年の花まつりは暖かい天気に恵まれ、チューリップの数にも余裕があり、初参式4名と七五三4名の計8名を迎えてお祝いしました。

今回の花まつりでは出店の方々に売り上げの一部をウクライナの緊急支援にご協力いただき、5万円をAAR Japan(難民を助ける会)へ送金しました。
(手続きに時間がかかるため領収書が届き次第こちらへ添付します)

写真:柳原写真事務所FLAT

花まつりマルシェ2022
日時:2022年4月24日(日)10:00~13:00
会場:白雪山善巧寺
出店:ひみつカレー、TAKOZAKI、チリングスタイル、大越仏壇、ケーキハウス ミユク、CAFE HAHAHA、源七、chienowa
チューリップ協力:山崎修二さん、入善町花卉球根組合
チューリップ飾付け:小学生と中学生と高校生、善巧寺仏教婦人会、総代会
協力:有馬啓さん、沓掛栄一郎さん
本堂荘厳:法輪寺、照行寺
チラシ:ROLE
写真:柳原写真事務所FLAT
駐車協力:うらやま交流センター、中博信さん
主催:白雪山善巧寺

花まつりマルシェ2022


2022年の花まつりマルシェは4月24日(日)に開催します!
お釈迦さまの誕生をご縁に、境内いっぱいに飾り付けられたチューリップの中で、魅力的なお店が並びます。本堂では、赤ちゃんの誕生を祝う「初参式(しょさんしき)」と子供の成長を祝う「七五三」が行われます。どなたもご参加心りお待ちしております。

花まつりの流れ
前日23日(土)
9:00~12:00 花かざり
当日24日(日)
10:00 初参式、七五三
10:40 マルシェスタート
13:00 お花シャワー、終了予定

【注意事項】
・マスクの着用をお願いします。
・体調のすぐれない方はご遠慮下さい。
・駐車は「うらやま交流センター」へお停め下さい。

初参式(しょさんしき)
~赤ちゃんの誕生を仏前に祝う儀礼~
新たな命の誕生をよろこび、初めて仏さまにごあいさつをさせていただく大切な儀礼です。一生の記念にどうぞご参加ください。
時間:10:00(受付9:30)
対象:生後100日~2才頃まで
参加費:3,000円
申込み締切り:4/17
>> お申込みフォーム

七五三
~こどもの成長を仏前に祝う儀礼~
新たな命の誕生をよろこび、初めて仏さまにごあいさつをさせていただく大切な儀礼です。一生の記念にどうぞご参加ください。
時間:10:00(受付9:30)
対象:3才、5才、7才
参加費:3,000円
申込み締切り:4/17
>> お申込みフォーム

出店紹介

ひみつカレー

氷見からやってきたテイクアウトカレー専門店。誰でも食べやすいスパイスカレーをどうぞお試しください。
https://www.instagram.com/himitsu_curry/

ケーキハウスミユク

名水の里、黒部の地場産フルーツや地粉など使用して作った体に心に優しいケーキやお菓子を作っています。
http://miuku.jp

CAFE HAHAHA

黒部市内を拠点としてオーガニック、フェアトレード、スペシャルティコーヒーを専門とする移動カフェ。
https://www.facebook.com/cafehahaha.888/

源七

郷土料理”芋かいもち”を現代の暮らしに合わせて再編集。新感覚の「もちもなか専門店」
https://gensiti.net

チリングスタイル

「和の生活に北欧のデザイン性を+する」和と北欧の雑貨や玩具をセレクトして参加します。
http://www.chillingstyle.jp

大越仏壇

富山のお仏壇屋さんです。現代的な仏壇の展示をはじめ、可愛いろうそくや線香などを販売します。
https://www.oogoshi.co.jp

chienowa(雑貨)

北海道産の天然もののどんぐりで作った雑貨や職人さんに織っていただいた『さをり織り』で、髪飾りを作り販売してます。どれも手作りの1点もののです。

TAKOZAKI

富山で移動販売車にてたこ焼き焼いてます♪出汁がきいたトロッ♪フワッ♪な本場大阪たこ焼きを是非ご賞味下さい。
https://ameblo.jp/libbys10

※後発で決まったためチラシ不掲載

ほっこり法座(4~5月)

春がきました!
講師はさわやかな青木先生、大事な気付きを与えてくれる飛鳥先生、そして、前回好評のベテラン平野先生には、2回にわたってお話いただききます。初めての方も、しばらく足が遠のいていた方も、毎月顔を合わせている方も、どなたもお会いできることを楽しみにしております!

参加費:1,500円(昼食代込み)
持ちもの:じゅず/服装:自由

南無阿弥陀仏は消えない灯火
4月1日(金)11:00~12:00
講師:青木哲隆(射水・覚円寺)

暗闇に射し込む光。そこから得られるのは温かさと安心感ではないでしょうか?南無阿弥陀仏は、無明長夜を照らす灯火。それは一度灯れば消えることのない光です。ある歌を聴きながら、その光にご一緒に遇わせていただきましょう。

戦争やめて!
4月16日(土)11:00~12:00
講師:飛鳥寛静(高岡・善興寺)
とても嘆かわしいことに、戦争が起きてしまいました。仏教において戦争をどのように見るのか、みなさまとともに考えてみたいと思います。

信心について
-私の信心とは-
5月1日(日)11:00~12:00
-親鸞聖人の信心とは-
5月16日(月)11:00~12:00
講師:平野明英(立山町・満法寺)
結果や成果得るためには、努力を必要とすることがあります。しかし、努力をしたから必ず得られるとは限らない。各回、浄土真宗の信心について、たずねてみましょう。

初参式・七五三の受式者を募集します

4月24日(日)開催の花まつりマルシェにて、こどもの誕生と成長をお祝いする儀礼を執り行います。花まつりとはお釈迦さまの誕生をお祝いするおまつりです。その日に合わせて、赤ちゃんとこどもたちの誕生や成長をお祝いします。

初参式(しょさんしき)
~赤ちゃんの誕生を仏前に祝う儀礼~
新たな命の誕生をよろこび、初めて仏さまにごあいさつをさせていただく大切な儀礼です。一生の記念にどうぞご参加ください。
日時:4月24日(日)10:00(受付9:30)
対象:生後100日~2才頃まで
参加費:3,000円

七五三
~子どもの成長を仏前に祝う儀礼~
3才、5才、7才は、昔から人生の節目とされてきました。今日まで無事に成長したことに感謝して、仏さまの前でお祝いする儀礼を行います。
日時:4月24日(日)10:00(受付9:30)
対象:3才、5才、7才
参加費:3,000円

初参式・七五三の流れ

ロシアとウクライナに関して宗教団体の声明文

ロシア軍のウクライナ侵攻に関して、浄土真宗本願寺派では、各地の選挙で選ばれた宗会議員による「宗会」より決議文が出ました。他、各宗教団体等から声明文が出されていますのでリンクを貼っておきます。(発表順)

●日蓮宗(2/25)
https://www.nichiren.or.jp/information/statement/20220225-5879/

●全日本仏教会(2/28)
http://www.jbf.ne.jp/info/detail?id=16078

●曹洞宗(3/1)
https://www.sotozen-net.or.jp/syumucyo/20220301_5.html

●浄土宗(3/2)
https://jodoshu.net/infomation/12906/

●日本基督教団(3/2)
https://uccj.org/news/42754.html

●聖公会の日本聖公会(3/2)
https://www.nskk.org/province/seimei_pdf/220303russian_embassy.pdf

●天台宗(3/3)
https://www.tendai.or.jp/oshirase/?msg-ukraine

●真宗興正派(3/8)
https://www.koshoji.or.jp/news_175.html

●浄土真宗本願寺派(3/8)
https://www.hongwanji.or.jp/news/cat5/001745.html

ホームページについて

お経には何が書いてあるでしょうか。その意味をわかりやすく伝えたいと思い、要約した現代語訳(超訳)を用意しました。善巧寺でも特に読む機会の多い「正信偈(しょうしんげ)」をはじめ、葬儀のラストに拝読する白骨の御文章などがあります。上のメニューバーへ「超訳聖典」を追加しましたので、どうぞご参照ください。

重ねて、ホームページの体裁をちょこちょこ直しています。「空華の里」と「仏教アート」のカテゴリを整理しました。また、これまでトップカテゴリにあった「メディア」(新聞などに掲載された記事)と「広報」(チラシ)は、「ニュース」の中に移動しました。「寺報」も「ニュース」の中にあります。少しずつ更新していきますので、ご覧いただけると幸いです。

ほっこり法座(2~3月)

2022年、最初のほっこり法座の予定です。
今季は、2月16日に2回目となる村井敬成さん、3月1日は日下賢裕さんの仏教講座、3月16日は3年ぶりの念珠づくりのワークショップです。すでにお持ちのお念珠をヒモだけ取り替えたい場合にも対応できます。人との距離は取りつつも、仏さまとはお近づき。冬のお寺でほっこりと、どうぞお待ちしております。

参加費:1,500円(昼食代込み)
持ちもの:じゅず/服装:自由

ブッダの生涯
2月1日(火)11:00~12:00
講師:雪山俊隆(善巧寺)
仏教を説いたお釈迦さま(ブッダ)はどんな人生を歩まれたのでしょうか。映画「リトル・ブッダ」の映像を参考資料にその足跡をたどります。

求めるこころ
2月16日(水)11:00~12:00
講師:村井敬成(上市町・円光寺)
私たちの考え方や行動は何かを求めるところから起こっています。お寺に参りに行く事も、こころの底に何かを求めている姿かもしれませんね。そんなこころをお話させていただきます。

ゼロから味わう仏教
3月1日(火)11:00~12:00
講師:日下賢裕(石川・恩栄寺)
「諸行無常」や「八聖道」…知ってるようで知らない仏教の「キホン」をゼロから味わう連続講座です。スライドを使ってわかりやすく、毎回復習も行いつつ進めていきますので、はじめての方でも安心してご参加いただけます。

-特別編-
念珠ワークショップ
3月1日(水)10:00~12:30
講師:木本結(木本仏具店)
会費:2,000円
お寺の必需品「念珠(数珠)」を作るワークショップです。材料はすべて用意してありますので手ぶらでご参加下さい。本堂でおつとめ後、会館へ移動して行います。

讃歌 そうようさま

江戸時代、善巧寺には僧鎔(そうよう)という名の僧侶がいました。富山県水橋の農家に生まれ、11才で親元を離れて上市明光寺へ養子として入ります。その後、21才の時にご縁があった善巧寺の世継ぎとなりました。 京都本願寺で活躍し、善巧寺では「空華盧(くうげろ)」という仏教学校を開くなど、地域においても名士として誇りとされ、昭和初期には地元の小学校で僧鎔の讃歌が歌われていました。88才のおばあちゃんは今でも学校の帰りに歌った記憶があるそうです。その歌を現代の技術を活用して伴奏をつけました。どうぞご覧ください。

キャンサーパンサー 善巧寺編

キャンサーパンサー とは、がんを経験した作者が自ら描くマンガとアニメを使って「#がん検診に行こう」と、訴えてます。作者の宮坂和秀さんは、「富山弁アニメブラザー」、Eテレ「はりきり体育ノ介」、「おかあさんといっしょ シルエットはかせ」、NHK「2020応援ソング パプリカ はりきり体育ノ介ver」などを制作されています。今回のアニメは善巧寺へ遊びに来てくれた時のことを取り上げていただきました。
>> 公式サイト https://theberich.com

襖絵が完成しました!

本堂の一角にある納骨壇スペースの襖絵を新調しました。
制作者は、浄土真宗本願寺派の僧侶で消しゴムはんこ作家としても活動している麻田弘潤さん。これまでに2回、善巧寺でワークショップを開いたご縁があります。

故人のお骨を納める場所で、お参りくださる遺族の方々を包み込むような温もりを求めて依頼したわけですが、こちらの要望に見事応えてくださいました。4枚の襖には、チューリップ、蓮、イチョウ、雪と四季をあらわし、それぞれに花や葉、雪が散っています。また、極楽浄土をあらわす経典「阿弥陀経」にある「青い花は青いままに光輝く(青色青光)」にならい、青、赤、白、黄の4色で描いてくれました。そこに、極楽浄土に舞う六羽の鳥(六鳥)が飛んでいます。

まる2日間かけての制作は、映像クリエイターの中林琢磨さんに撮影してもらい、まとめてもらいました。どうぞご覧下さい。

襖絵制作:麻田弘潤(新潟・極楽寺) https://gokurakuji.info
映像:BAYASHI https://www.bayashi-film.com