カテゴリー別アーカイブ: ニュース

花まつりマルシェ

花まつりマルシェ
日時:2018年4月22日(日)10:00~15:00
会場:白雪山善巧寺(富山県黒部市宇奈月町浦山497)
出店:
-HoLo家(フード&ドリンク)
-ハーブと喫茶HYGGE(フード&ドリンク)
-くじら堂(ベーグル)
-越中芋騒動(焼いも)
-ケーキハウスミユク(菓子類)ワークショップあり
-Cafe hahaha(コーヒー)
-チリングスタイル(雑貨)ワークショップあり
-くりこども(消しゴムはんこなど)
-カラカミ(紙のからくり)
-きのみ工房(木工品)
-バルーンアーティストnana(バルーン)
-岩佐文具店(食品サンプルづくりと販売)ワークショップあり
-公式出店(うどん、甘茶、わたがし、ポップコーンなど)
協力:入善町花卉球根組合、山崎修二
主催:白雪山善巧寺

<タイムテーブル>
10:00 初参式
10:40 出店オープン
13:00 七五三
15:00 終了予定

【受式者募集中】

「初参式」
~子どもの誕生を仏前にお祝いする儀礼~
日時:4月22日(日)10:00~10:40
対象:生後100日~2才まで
参加費:3,000円
締切り:4月16日(月)

「七五三」
~子どもの成長を仏前にお祝いする儀礼~
日時:4月22日(日)13:00~13:40
対象:3才、5才、7才
参加費:3,000円
締切り:4月16日(月)

【関連行事】
「みんなで花まつりをつくろう!」
~花つみ&花かざり~
日時:4月21日(土)8:00~13:00
持ち物:お弁当、長靴、手ぶくろ
※汚れてもよい服装(雨天の場合はカッパもご持参ください)
参加費:無料
>> お申し込みははこちら

「ほっこり法座」はじめます。

仏さまのお話と、お寺のごはんを味わって、
「こころ」と「からだ」のデトックス。
初めての方もお寺体験いかがですか?

「法座(ほうざ)」とは、仏さまのお話「法話(ほうわ)」を聞く集まりの座です。お寺のごはんは、100年以上続く伝統行事「お講」より、当番特性の郷土料理です。初めての方も「お寺体験」としていかがでしょうか?どなたもご自由にご参加ください。30~40代の僧侶が法話を担当いたします。

ほっこり法座
会場:白雪山善巧寺
参加費:各1,000円


<講師>
5/1 雲林重正先生(新潟・浄秀寺)
5/16 日下賢裕先生(石川・恩栄寺)
6/1 西塔公崇先生(富山市・金乗坊)
6/16 雪山俊隆(善巧寺)

7/1 飛鳥寛静先生(高岡・善興寺)
8/1 雪山教隆(善巧寺)

<時間割>
10:30~10:50 受付
11:00 おつとめ
11:15 法話
12:00 お寺ごはん
※天井画の観覧をご希望の方は、12時半以降に対応させていただきます。

法座案内

浄土真宗の教えを深く学ぶ講座「正信偈に学ぶ」も今年で3年目に入りました。一般参加と僧侶の参加が半々ぐらいのほどよい雰囲気で開かれています。連続講座になっていますが、1回のみのお試しも大歓迎いたします。

正信偈に学ぶ ~行信講座~
日程:4月19日(木)、11月28日(水)
時間:13:30~16:30
講師:天岸浄圓先生
参加費:2,000円(僧侶5,000円)
主催:専精会富山支部



こちらは、黒部市の同派寺院を会場に持ち回りでつとめている法座です。今年は善巧寺が宿寺となります。

本山御助成(ごじょせい)
~浄土真宗本願寺派の本山「本願寺」を支える法座~
日程:5月1日(火)、9月6日(木)
時間:13:30~15:00
講師:5/1雲林重正先生、9/6西塔公崇先生
会費:各1,000円
主催:下三日講

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

三重県のとある地方では、葬儀の折に「赤飯」と「唐辛子汁」をふるまうそうです。

喜びをあらわす「赤飯」は、悲しみのご縁の中にも、「めでたい」と言っていける世界があることをあらわします。故人はむなしく死んだのではなく、尊い仏さまとなって極楽浄土に生まれたんだと受け取ってきた浄土真宗ならではの風習です。

唐辛子汁は、あまりの辛さに涙が出ることから別名「涙汁」と言います。阿弥陀仏の教えにあって仏さまに生まれると受け取りつつも、別れのご縁はどこまでいっても悲しいものです。それを涙の出るほど辛い唐辛子汁であらわしています。人情味溢れる風習ですね。

生きることも、死ぬことにも意味を見出し、尊いことであると受け取っていく道が仏道です。そういう意味では、浄土真宗の教えに従えば、たとえ身内に葬儀があったとしても新年のご挨拶は差し支えありません。ただ、世の習いなので誤解を生まないように配慮は必要でしょう。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

白雪山善巧寺

京都・本願寺にて「ごえんさんエキスポ」

12月9日(土)、10日(日)に京都・本願寺で行われる「ごえんさんエキスポ」に参加しています。

この行事は、本願寺の25代専如ご門主が法統継承をされた記念行事として、特に次代を担う若者を対象として行われます。すでに全国ではさまざまな取り組みに挑戦しているお寺や僧侶がおられますが、その中から40組ほどが本願寺に集結して、その活動紹介やワークショップなどを境内・白州(しらす)で展開します。

善巧寺も「お寺座LIVE」としてワンコーナーの「サイレントフェス」に参加してきます。こちらは、お寺で行われる音楽イベントの主催者や関係者がピックアップされて、それぞれのイベントの雰囲気を伝えることを目的に、1時間の交代制でDJを担当します。境内・白州では、参拝者のご迷惑になる行為は禁止されていますので、大音量で音楽を流すのではなく、専用のヘッドフォン数十台で音楽を提供する「サイレントフェス」で行われます。

白州では、お寺や僧侶40組ほどのブースや、10店舗ほどの飲食店が並びます。阿弥陀堂では、9日に若者へ学びの場を提供する「スクールナーランダ」、10日には僧侶を対象とした行事「本願寺ギャザリング」が行われます。すでに申込みは締め切られていますが、どちらも本堂以外の場所でプロジェクターやモニターで映像が流れます。

寒い時期ですが、全国から熱いお坊さんたちが集まってくるので、きっとアツい行事になると思います。たくさんのエネルギーをもらってきます!

ごえんさんエキスポ
日程:2017年12月9日(土)、10日(日)
時間:10:00~16:45(10日は16:00まで)
会場:本願寺 白洲(京都市下京区堀川通花屋町下ル)
※事前申し込み不要で、どなたでもご参加いただけます。

ブースのまとめサイトはこちら。
>> https://matome.naver.jp/odai/2151006776376620901

スクール・ナーランダ特別編の特設サイト
>> https://nalanda-special.jp

お寺の音色

行事の始まる前に用いる打物(うちもの)




お経の節目に用いる打物




お経の最中に用いる打物

【お寺の音色 No.03】 釣太鼓(つりだいこ) お経や雅楽に使用する打楽器。 #善巧寺 #お寺の音

お寺座さん(@oterazalive)がシェアした投稿 –


特別な法要で用いる打物

こども盆おどり

毎年恒例の「こども盆おどり」は、8月12日(土)18:30からです。お寺から発祥した盆踊り。善巧寺では「こども」に重点を置いておこなわれます。お近くの方々、帰省中の方々、ご参加お待ちしております。尚、地元浦山の盆踊りは14日に浦山交流センターで行われます。