あなたのダンナは本当の旦那か?

昭和52~53年にかけてサンケイ新聞婦人面に掲載された「お茶の間説法」の文章です。末尾には、著者本人による録音音声があります。


ついさっき、会社へ出て行くご主人を、イッテラシャーイ、とにこやかに見送った奥さまに、ちょっと質問。あなたのダンナ様は本当のダンナ様でありましようか?

ということ??と首をかしげていらっしゃるあなたに、もうすこしくわしくおうかがいします。そりゃあ、もちろん、さっき見送った男性は、ウチの人であり、夫であり、亭主であり、宿六であり、ハズであり、カレではある。これは間違いない。ご主人に対する呼び方はいろいろあるわけですから、しっくりとくる名で呼べばいい。しかし、その中で、もし”ダンナ様”ということばを使うとしたら、これはチト問題がある。というのは、この”ダンナ”ということばは、仏教からきたことばなんです。で、仏教本来のダンナという意味は、いったい何か、ということを、これからお話しますから、それを聞いたうえで、もう一度<わたしのダンナは本当のダンナか>と、自分に問いただしてもらいたい。

ダンナということばは、インドのことばでありまして、あちらでは”ダーナ”という。そのダーナが、中国に渡って音訳されて”旦那”となった。それを日本では”旦那様”というふうに使っているわけです。さて、その元のことば、ダーナですが、これを意訳しますと”布施”ということばになります。”布施”―—ご存知でしょう。お布施などといって、坊さんが来たら包むもの、そう思っていらっしゃる方、多いんじゃないかしら、ところが、あれは、坊さんがお経を読んだときの出演料ではないんですよ。じつはこれ、仏道を歩むものにとっての大事な行の一つなんです。どんな行かというと、施すという行、こだわりを捨てて、すべてを与えてゆくという行なんです。そして、この行は、彼岸(さとりの世界)へ至るための第一歩とされているのです。

わたしたちには、あらゆる執着がある。こだわりがある。それをすべて捨て去ってゆくとき、真実なるものが見えてくる、とでもいいましょうか、とにかく、インドの修行僧はこの布施行をやったわけです。

こんな話があります。布施の行をしていたある仏弟子が、街頭で乞食と出会う。乞食は「そなたの目は本当に美しい。その目を一つわたしにくれぬか」という。仏弟子は、こだわりを捨て、自分の目を乞食に与える。受け取った乞食は舌打ちした。「なんだ、そなたの顔についているときは美しかったが、いまは血みどろの汚れもの」そういいって足でそれを踏みにじる。仏弟子はそのとき、心の中で<しまった。こんな男に、やらなければよかった>と思った。—もうこれで布施の行はダメなわけです。仏弟子の心には、美しい目を与えれば、相手がどれほどよろこんでくれるだろうか、という代償を求める心があったのですから。

ある高僧のことばに「よいことをしたときは、なるべく早く忘れなさい。それも布施の行ですよ」「問われたことには、正直に答えなさい。それも布施の行ですよ」というのがあります。わたしたちは、とてもじゃないが、そうはいかない。よいことをしたら一生忘れない。それを自慢のタネにする。問われたことには本心を出して答えることがない。こよみの上ではきょうは彼岸の入りだけれど、本当の彼岸は遠い遠いあちら側、という感じです。

さて、ダンナ様―—本来の意味からすると、代償を求めずに、こだわりを捨てて何でも施してくれる人、ということになります。そこで、はじめの質問にもどって、うちのダンナ様は、本当のダンナ様かしら?
「オレがこれだけ働いてきてやっているんだから、せめて、これぐらいのことしたっていいだろう」
「あら、なによ。うちでひとりで、るす番しているわたしの身にもなってちょうだいよ」
われわれは、こうして常に代償を求めて、こだわりの世界の中で生きている。本当のダンナ様なんて、いないみたいですね。


雪山隆弘
昭和15年生まれ。大阪・高槻市の利井常見寺の次男として生まれ、幼い時から演劇に熱中。昭和38年早稲田大学文学部演劇専修を卒業後、転じてサンケイ新聞の記者、夕刊フジの創刊メンバーに加わりジャーナリスト生活10年。されに転じて、昭和48年に僧侶(浄土真宗本願寺派)の資格を取得し翌年行信教校に学び、続いて伝道院。同年より本願寺布教使として教化活動に専念する。善巧寺では、児童劇団「雪ん子劇団」をはじめ永六輔氏を招いての「野休み落語会」など文化活動を積極的に行う。平成2年門徒会館・鐘楼建設、同年往生。

Play