ひとりよりもふたり

昭和52~53年にかけてサンケイ新聞婦人面に掲載された「お茶の間説法」の文章です。末尾には、著者本人による録音音声があります。


ひとりより、ふたり
これをこれを わすれたもうな

――サトウハチローさんのことばに、こんなのがありました。いいことばですね。とてもあたたかい。心の通い合った家族、そしてお友達、1人より2人、2人より3人、たくさんいれば、それだけよろこびがふくらみます。

ところで、これと対照的なことばに、こんなのがあります。

独生 独死 独去 独来

お経の文句ですが、世の中をありのままにみると、人間は、ひとり生まれ、ひとり死に、ひとり来たりて、ひとり去ってゆく、ということであります。ひとりぼっちで、おるす番のあなたには、さびしすぎる話かもしれませんが、大切なことなので、もう少し続けることにいたします。要するに、わたしたちは、生まれてから死ぬまで、たったひとりなのですが、そのたったひとりのわたしが、生きている証しを求めて、だれかと、何かと関わり合ってゆく――

これが存在すれば あれも存在する
これが生ずれば あれも生ずる
これが存在しなければ あれも存在しない
これが滅すれば あれも滅する

このように、お互いに関わり合い、存在しあって存在しているという関係が、仏教の根本思想である「縁起」というものの考え方なのです。縁起というのは祝ったり、かついだりするものではありません。すべては縁によって起こるということなのです。で、こういう考え方の上にたってみると、奥さんがいま、奥さんと呼ばれるようになったのも、あなたが1人で奥さんになったのではない。それこそ、縁談というものがあって、ご主人ができたから、奥さんと呼ばれるようになった。ということは、夫がいて、はじめて妻という名がついたのだから、夫婦は同い年ということですよね。結婚式の日が、つまりは夫婦の誕生日なんだ。

さらにいえば、あなたが、お母さんと呼ばれるようになったのは、お子さんが生まれたおかげでしょう。こどものないお母さんというのは、ありえないんですから。すると、親と子というものも同い年ですね。わたしたちは、こうしてまたとない縁によって、ふれ合いの輪を広げ、そしてみんな同い年の仲間になってゆく…とてもすばらしいことだと思うんです。ひとりよりもふたり、本当にこれは忘れたくないですね。生きている証しなのだから。

しかし、しかしです。経典にはまた、こんなことが書いてある。

「愛別離苦(あいべつりく)」

世の中は、自分の思うままにならないもので、縁によって結ばれた愛しい人たちとは、いつまでも一緒にいたい、同い年のままでいたいと思ってみても、必ず別れなくてはならない、それが世の中だというのです。とてもつらい、さびしいことだけれど、これも事実です。ひとりよりもふたり、といっていても、そのぬくもりはすぐにさめてしまい、結局、またわたしたちは、ひとりぼっちになってしまう。

そこで、わたしたちは、はじめて気付くんですね。ひとりよりふたりではなく、ひとりでもふたりと思える何かがないものか、と。じつはこれが宗教の出発点というものでありましょう。たったひとりで生まれて生きて、老いて、病気して、死んでゆくわたしたちが永遠に変わらない心の支え、ひとりでもふたりだと思える心のよりどころを求める――それが宗教というものを主観的にとらえた、本来の姿だとわたしは思うんです。

さて、そろそろ時間です。ご縁があったらまた来週――。


雪山隆弘
昭和15年生まれ。大阪・高槻市の利井常見寺の次男として生まれ、幼い時から演劇に熱中。昭和38年早稲田大学文学部演劇専修を卒業後、転じてサンケイ新聞の記者、夕刊フジの創刊メンバーに加わりジャーナリスト生活10年。されに転じて、昭和48年に僧侶(浄土真宗本願寺派)の資格を取得し翌年行信教校に学び、続いて伝道院。同年より本願寺布教使として教化活動に専念する。善巧寺では、児童劇団「雪ん子劇団」をはじめ永六輔氏を招いての「野休み落語会」など文化活動を積極的に行う。平成2年門徒会館・鐘楼建設、同年往生。

Play