いどばた説法

昭和52~53年にかけてサンケイ新聞婦人面に掲載された「お茶の間説法」の文章です。末尾には、著者本人による録音音声があります。


悲しいことは奥歯をかみしめてガマンすることが出来ますが、うれしいことというのはなかなかガマンしにくいものです。ところが、世の中はサカサマで、悲しいこと、人の不幸は聞きたがるが、しあわせな話なんて、まるで聞いてくれません。

わたしの日曜学校で、この夏、こんなことがありました。5,60人のこどもが集まって、楽しく遊んでいたんです。ところが、その中にたった一人、しょんぼりした子がいる。みんなその子をチラッと見るのだが、すぐにソッポを向いてしまう。ヘンだなあと思いながら、じっと観察していました。すると、その子は、わたしの視線に気がついた。とたんにスッと身をすり寄せてきた。どうしたの?と聞いてみた。間髪を入れず、
「センセイ、バーベキューって知ってる?」
ときた。何のことだかわからないけど、とにかく返事をしました。
「うん、知ってるよ」
すると、その子はニコーっと笑って、
「あれ、おいしいだろう」という。
「うん、そうだね、ジュージュー焼いて食べたらおいしいだろうね」と答えた。そしたら、その子は、さっきの3倍ぐらいニコニコーッと笑って
「ぼくねえ、きのう、うちで、みんなで、バーベキューを食べたんだ!おいしかったよォ」と叫んだ。
「よかったなあ」といったら、もうその子は、わたしからその日1日、離れなかった。

サテ、質問。この子は、なぜさっきまで1人ぼっちだったのでしょう。じつは、わたしもはじめはわからなかった。ところが、ふと思い出したんです。日曜学校がはじまる前、寺の境内で、その子がいろんな友達に話しかけている姿をです。あっそうか。この子は、きのうバーベキューを食べたうれしさを、みんなにいいたかったんだ。それで、早くから来て、それを実行したんだ。ところが、どうだろう。こどもはみんな正直で、うらやましい話を聞かされたとたんに、
「フン、あんなもの、ぼくだって食べたけど、おいしくないよ」と、ソッポを向いてしまった。仲間はずれの原因は、きのう食べたバーベキューだったんです。うれしいことって、なかなか人は聞いてくれないものなんですよね。そして、もっとショックなことは、自分だけのよろこびだったものを、人に話したとたんに、そのよろこびが、悲しみに変わってしまうということです。

それでも、こどもはまだいい。あしたになったら、どちらも忘れてしまいますから。ところが、大人はそうはいかない。顔に出さないから始末におえない。
「ねえ、奥さま、わたしんち、こんど娘にねだられてね、とうとうピアノを買わされちゃったの。それもね。安いチャチなのはだめだ。一生使うものなんだから、とびきりいいのっていうんでしょう。困っちゃったわ。ほんとに…」
「あーら、いいじゃないの。娘さんのためなんだから…」
とかなんとかいってるけど、相づちを打った方は、ハラの中でコンチクショーと思ってる。”なによ。わざわざ安物のピアノも買えないわたしに、そんなこといわなくたっていいでしょ。この人、ちょっと神経がおかしいんじゃないかしら。覚えてらっしゃい”ということになる。そして、しばらくすると、ピアノ殺人…とまではいかないまでも、くだんの奥さん、一発バシンとくらうことになるわけです。

わたしのよろこびは、わたしだけのよろこびであって、他人のよろこびにはならないことを、よくよく心得た上で、いどばた会議に出席しないと、そのよろこびは、必ず悲しみに変わってしまいます。お気をつけあそばせ。


雪山隆弘
昭和15年生まれ。大阪・高槻市の利井常見寺の次男として生まれ、幼い時から演劇に熱中。昭和38年早稲田大学文学部演劇専修を卒業後、転じてサンケイ新聞の記者、夕刊フジの創刊メンバーに加わりジャーナリスト生活10年。されに転じて、昭和48年に僧侶(浄土真宗本願寺派)の資格を取得し翌年行信教校に学び、続いて伝道院。同年より本願寺布教使として教化活動に専念する。善巧寺では、児童劇団「雪ん子劇団」をはじめ永六輔氏を招いての「野休み落語会」など文化活動を積極的に行う。平成2年門徒会館・鐘楼建設、同年往生。

Play